コムドットが、ヒカルさんとコラボしない理由。  ひゅうがさんの答えが、明瞭すぎました。

 日本一を目指すを公言するトップユーチューバーのヒカルさん。
それを破竹の勢いで追いあげているように見える、
新世代ユーチューバ王、「日本を獲る」を明言中の、コムドット。

と、いうことで、コムドットは今、毎日投稿(毎日撮影 + 毎日編集)で、ハタから見ても大変ハードなのですが、
さらに、この2022年6月は毎日投稿の上に、一か月間毎日コラボ動画を投稿。

それはつまり、自分たちのチャンネルにプラスして、コラボ相手の動画も毎日撮る、といことでもあり、単純に考えて、撮影が今までの2倍。
(月60本)それから、毎日寝る間を削って自分たちで編集(動画一本に12時間ぐらい)。

忙しさが、「君たち、正気か?」レベル。(笑)

 さて、そんなコムドットの魅力について分析した動画を出された中田敦彦さんは、
コムドットに、
トップユーチューバーの「ヒカルさん」とのコラボ動画は撮らないのか?
という直球の質問を投げかけたのですが、

これに対するコムドットのメンバー、ひゅうがさんの答えが分かりやす過ぎました。

まず、
自分たちは、先輩後輩の立てわけが厳しい感じの学校に通っていたので、
先輩に対して、敬語を使うとか、立てる、というような言動をするように、しみついているのですが、
というような前提から始まり、

もし、年上でユーチューブ界でもトップクラスの先輩に当たるヒカルさんと、コムドットのリーダーのやまとさんが、対面することになった場合、
やまとさんは、先輩に当たるヒカルさんに失礼な態度を取ることが出来ず、
良識てきに、先輩であるヒカルさんに敬語を使い、立ててしまう。
そこで(自分たちが自信を持ってきたユーチューブことでも)謙遜した言葉を使ってしまうかもしれない。

そのことが、それを見て視聴している人には、
コムドットが下で、ヒカルさんが上、というふうに写り、
(同じように日本のトップを目指すことを公言しているユーチューバーの、ヒカルさんと、コムドットでは)
コムドットが負けた、というようなふうに、捉えられかねない。

なので今は、
(同じ、日本のトップを目指してしのぎを削って、登録者数を伸ばそうと競い合っている今は)、ヒカルさんと直接合わないほうがいい。

 ヒカルさんのことはリスペクトしているし、
いつか、お会いしてコラボすることも出来るかもしれないが、今ではない。

というような内容の答えだったと思います。

 確かに今、最近のユーチューブ動画、ヒカルさん率いるネクステと、コムドットの動画は、熱い。

日本一を目指すトップユーチューバーのヒカルさん。
日本を獲るを公言する、コムドット。

お互いが上を目指して、毎日投稿、デットヒートの激しい争いの最中で、
これでもか、と思うほど、過酷なスケジュールで仕事をしている感じが、
ユーチューブの視聴者にも伝わっています。

もちろん頑張っているユーチューバーは、この二組だけではなく、
コムドットをはじめとする新世代ユーチューバー(平成フラミンゴ、中町兄弟、スカイピース等々)も、ヒカキンさんやはじめしゃちょーなどのレジェンドユーチューバーの皆さんも、
必死にユーチューブ動画を撮影し、編集し、投稿し、
コメントしてくれた人にお礼を返し、

そんな様子を毎日見れるユーチューブは、確実に視聴者を増やしていると思います。

 仲間でワイワイ、コラボ動画で、さらに新しい風を吹き込むコムドットと、
高額で、一般の人にはなかなか手が出せないような、でも多くの人の話題をさらっているような品物を購入して、面白く解説してくれたり、
リッチで面白内容の企画を組んで、毎日視聴者を楽しませてくれるような動画をあげてくれたりするヒカルさん。

どちらも、真剣に勝負をかけてユーチューブ動画を作っている。

こういうガチの勝負というか、真剣な所も、リアルタイムで、直接見られるユーチューブ。

 昔、アイドル全盛期、睡眠時間が3時間、というような話はよく聞いたりしていましたが、
ユーチューブは、裏側(生活の様子など)も撮って映像化してくれたりするので、
その過酷さが、より視聴者に伝わります。

(こちらの記事  ↓  )

 視聴者は、動画を楽しんでいるだけですが、
私も夜はよくねて、気まぐれに動画を楽しみますが、
お礼的に、チャンネル登録と、高評価は、けっこう押すようになりました。

 

超時短! 野菜の「洗う、切る」の時間と手間を全カット。 栄養満点で、ラク家事。 業務スーパーを止められない。

 人気のお店『業務スーパー』には、いろいろな種類の「冷凍野菜」が売っています。
これが格安で、大変便利なのですが、

そもそも料理って、食材を「洗う」と「切る」ことに、時間がけっこう取られたりしませんか?

野菜が全て洗ってあり、切ってあったら、
それはもう本当に時短になり、食事の支度がラクになるので、
スーパーマーケットでも、よく、カット野菜なども販売されているのですが、
お値段お高めで、コスパ的によくなかったりする。

 そこで、業務スーパーに行ってみると……、

ブロッコリーが洗って切って、冷凍してある。
いんげん豆が洗って切って冷凍してある。
フルーツも冷凍してある。
玉ねぎが洗って切って冷凍してある。
(玉ねぎは、「スライス玉ねぎ」も、「みじん切り玉ねぎ」も売っています。)

えー…、もうこの続きを全部書いていくと、沢山の種類の野菜がありすぎて、記事なのか食材の羅列なのかが、分からなくなる…、
と、思うほど、多くの種類の野菜が、洗って切って冷凍して袋に入って売っているのですが、
リーズナブルなお値段で、たくさん入っていて、種類が豊富で、
しかも冷凍なので、日持ちして、本当に大変便利。

 この野菜たちを、自分が使うものを適当に数種類買っておくとですね、

例えば、シチューを作るのでも、
業務スーパーの冷凍カット玉ねぎを投入し、肉を入れ、炒めて、水を入れて沸騰させたら、
(なぜか私は、人参だけは、生のを皮むいて切っていれてます)
ブロッコリー、インゲンマメ、ミックスベジタブル…などと、
次々、業務スーパーの冷凍カット野菜を投入。
シチューのルーを入れたら、
あっという間に、栄養満点、具だくさんのお母さんの手作りシチューが完成する。

(真面目?に、一つ一つの野菜を洗って切って…としていたら、けっこう時間がかかるのですが、魔法のように、あっという間に手間なく、ちゃんとしたお母さんの手づくりふう?料理の完成。(笑))

カット野菜や冷凍野菜は、生のものを買うより、手間がかかっている分、お値段が高くつくのではないか? と思われそうなところですが、
意外と逆で、たくさん入っていて、安いのも魅力。

もちろん冷凍しないほうが美味しい野菜もあったり、
どんな料理に使うのか?の使い方次第だったり、
激安にはワケがあって、海外から直接輸入していたりするので、残留農薬の問題など、
やっぱり、冷凍じゃなく、まじめに?生から調理した方がよいこともあると思うのですが、そこは、皆さんそれぞれで見極めて判断していただくとして、

日々仕事や育児や家事に追われる忙しいお母さんは、これを体験してしまうと、
きっと自分に合ったお気に入りの冷凍食材を見つけて、活用するようになる予感満載。

こんなふうに冷凍すればいいんだ、という豊富な種類で、
より楽に料理の出来る参考にもなる感じ。
便利でした。

 


『業務スーパーに行こう! 2021 (双葉社スーパームック) 』

『非常識経営 業務スーパー大躍進のヒミツ』

過酷すぎる! 成功するユーチューバーの仕事量。 『コムドット』の舞台裏。  頭だけではない、ユーチューブで稼ぐ方法。

  先日、「ユーチューブで儲ける方法」という記事を書きました。
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

 お笑い芸人オリエンタルラジオ、今は人気ユーチューバーでもある「中田敦彦さん」の解説は本当に素晴らしくて、
(中田敦彦さんが解説し、それを宮迫博之さんと山本圭一さんのお笑い芸が、笑いを交えて面白く伝えてくれるユーチューブ動画「ウインウインウイ(WinWinWiiin)」
 ↓ )

【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】

そこで解説してくれた、ユーチューブで稼ぐ方法、というか、
稼いでいる新世代ユーチューバー王 コムドットさんの戦略。

これがとても分かりやすく解説されていて、そのことを以前、記事でご紹介したのですが、
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

実際コムドットさんのユーチューブ動画を見ると、
さらに現実的に、成功の舞台裏を見せてくれていました。

で、前回記事でご紹介したのは、成功するための「戦略」の部分だったのですが、
実際に動画を見てみると、

見えたのは、「戦略」だけではなく、実際の「仕事量」のハードさ。

これが、本当に過酷すぎた。

コチラの動画。


【地獄】トータル12時間かかるコムドットの編集の全てをお見せします

 まず、毎日投稿。
それも、クオリティを下げない毎日投稿で、
撮影、だけでなく、編集も自分たち(メンバー5名)でするので、
その編集だけで12時間かかるそうで、

その様子が分かる動画 ↑ だったのですが、見ると、
動画のタイトル
『【地獄】トータル12時間かかるコムドットの編集の全てをお見せします』
の、【地獄】の意味が、よく分かる。

深夜の1時半まで撮影の仕事をして、その続きで、寝ずにすぐ動画の編集をリレーし始め、
早朝3時半から、20分とか40分ごとに、寝て、叩き?起こし合うを、繰り返す二人組。

睡眠時間20分とかで起こされるって、

一番辛くないか?

これを、毎日。 年間通して、寝れないとか、

もし、自分の意思でしているのでなければ、

拷問レベル。(笑)

みているコチラ側(視聴者)に、毎日寝れるって、それだけで幸せだと思わせる。
(まさに天国。)

 いや、ほんと、厳しいのは分かっていましたが、
よく、ユーチューブで稼ぐのは難しいとか、聞きますが、
実際、日本を獲ろうとするぐらいの勢いで稼ごうとすると、
ここまでか? と思うぐらい、ハードなスケジュールの中を駆け抜けている最中でした。
(現在進行形)

先日の記事でも紹介した、コムドットのリーダーやまとさんのお話は、ちょっと天才系。
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

頭いいな~と感じる戦略で、ユーチューブの登録者数を増やして来た印象でしたが、
実際に見てみると、
そうだよね~、と納得。
これが現実だと感じる、頭で考えただけでない、「努力量」みたいな部分で、凄くハードな仕事量をこなしていました。

実際に、仕事を「する」ことが大切で、
その仕事量が、結果にも反映する、
という現実が見える動画になっていました。

いわゆる「成功者」という方々が書く本や、格言?などで、よく見る、
実際に「する」人は少ない、
というような言葉。

コムドットさんの動画をみると、
たしかにこんなにする人(できる人)は少ないな、
と、納得の多忙な仕事量。
若い人たちの中での知名度が圧倒的なのもうなづける、
ここまでしないと成功しないのだと感じさせる内容になっています。

 


【地獄】トータル12時間かかるコムドットの編集の全てをお見せします

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』