はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

「国語」の勉強の仕方は、この教材でイチから順にあげる。


f:id:hahasyufu:20191005112525j:plain 

  国語の勉強の仕方が分からない。

わが家もそうだったのですが、
その国語の成績を、大きく上げた方法、

それが……、


(一応、ためてみる(笑))

 

「公文」の国語


 これを、かなりさかのぼって簡単なプリントから、一気に解いていきます。

今の子供の実力にもよりますが、
例えば小学生のうちなら小学校1年生からとか、
中、高校生なら小学校4年生からとか、
かなり下の学年のものから、一気にプリントを解いていく。
(さかのぼり学習の復習なら、何度も同じプリントを繰り返す必要はないので、
そこはスピード勝負で、繰り返さず、一気に1~200番までを解いていくような感じでいいようです。)

それを小学校1年生の教材からでもいいですし、
実力を見て、小学校3~4年生ぐらいのものから、一度サラッと、解いていくだけで、

効果絶大。

(もちろん、間違った問題については解き直しをします。
解答は、自宅で持っていて親が丸ツケをして、すぐに子供に解き直させるのがいいと思います。)

 これで、かなり国語の実力がつくようです。

 

 先日の記事(『小学校の先生から聞いた「子供の成績を本当に上げる方法」。 優秀な公文教室の先生の方法。』)でも書いたのですが、
私が小学生の時、担任の先生から教えてもらった勉強法は、
さかのぼって、簡単なところから全て一気に解いていくこと。

 それを聞いて、まじめな私は(笑)、小学校1年生の算数から一気に解き、
本当に分かるようになりました。

しかも、先生のおっしゃったとおり、
(勉強したのが算数だけだったのにもかかわらず)算数、国語…、と他の教科もなぜか全部?上がった記憶があります。

ただ、自分の子供にも算数の教科書でこの方法をしたところ、
上がるには上がったのですが、
思っていたより劇的な変化ではなく、

そこで、まず自分の子供には「国語」。
以前、公文式の創始者 公文公先生の文章の中で、
「国語は点数の上げやすい教科」という内容を読んだことがあるのですが、
公文の国語のプリントをさかのぼって一気に解かせてみたところ、
効果的でした。

 よく、まずテストをして、どこが分かっていないか?を見極め、
分かっていないところから学習する、ということが行われますが、
それだけで劇的に成績を伸ばすことができなければ、

効果が薄ければ、その子にとって、その勉強法は、どうなのか?
と、考えてもいいと思います。

 私の小学校の担任の先生から習った、小学校1年生からさかのぼる学習法は、
とにかく私自身で効果を体験したことと、
子供にも効果があったこと、

(こちらの記事 『小学校の先生から聞いた「子供の成績を本当に上げる方法」。 優秀な公文教室の先生の方法。』

それから、優秀な公文の先生も、
この方法を実践していらっしゃって、
効果的な勉強法なのではないかと思います。

国語の公文は、本当に凄いと思いました。


オススメ記事


☆ 「魅力的」になる方法。 人間関係を良くする、魅力をつける具体的な方法のユーチューブ。


☆ ズボラ主婦脱出、卒業する方法。 『片づけられなかった人も、「片づけられてしまう」ユーチューブ』 モチベーション。


☆ 人間関係に、「笑顔」は最強アイテム。 人を惹きつける、魅力的な「笑顔」の作り方。


☆ 愛されたい人必見! 「見た目」は大切。 オシャレな身なりと、小汚い身なりでは、愛され方が全く違う。 ユニセフの行った6歳の女の子の、見た目の実験。



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』

記事タイトルの下のカテゴリーをクリックすると、その系統の記事一覧が表示されます。