はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

人の噂も七十五日。 でも長いな、75日と思ったら。 人の悪口に、ハマる人と、ハマらない方法。


 本当は、何もしていないのに、
「あの人が、こんなことをした」と上司に報告されたり、仲間に広められたり、
そんな悪口を言われる。

それに見事にハマってしまう人がいるそうです。

自分は、していないのにも関わらず、
それを「したことにされてしまう」。

という場合。

納税額日本一の大商人、斎藤一人さんの、このお話。


 聞けない方のために、お話の内容をサクっと書くと、

  大体の人は、人に悪口を言われたことがあるものですが、
それを言われても、
本当にそれを、したことにされてしまう人と、
そうでない人の違い。

したことにされてしまう人、悪口に見事にハマってしまう人には、特徴があるそうで、

それは…、

暗い

暗いといっても、性格がではなく、まず、

服装が暗い。 

 そう聞いて思い出したのですが、昔テレビアニメで放送していた小公女セーラが、
そんな感じの意地悪をされるとき、
(悪口にハマるときは)
たしかに、いつも暗い格好をしている印象です。

本当はプリンセスなのに、
意地悪をされるときは、なぜか……、

 

暗い色の洋服。(笑)


 人には、似合わないことは起こらなくなっているそうで、
悪口を信じられたくないなら、明るい笑顔も大切。 

 同僚に、自分がやってもいないことを、したように上役に報告されたり、
仲間に「あの子がやったのよ」てきなウワサを流された時、

では、なぜ?相手は、自分ではなくその「嘘つきさん」の言うことを信じてしまったのか?
「あの人がそんなことをするとは思えない」と言ってもらえなかったのか?
それは、
この子ならやりかねない、と、どこかで思わせる格好をしていた(印象を与えていた)からだそうです。
(言われた悪口の内容と、その人の見た目の印象が、どこかでピッタリ合ってしまったということだと思います。)

暗い色の服を着ている、
ペンダントのひとつもついていない、という感じ。

 明るい笑顔で、
純白の白い服を着ていると、清潔な人だと、他人に思われる、
ペンダントをしていると、オシャレだという印象を与える。
明るい色の服を着ると、明るい印象になる。

人にはそういう法則のようなものがあるので、

自分がどう見えるか?、
(明るくて清潔な印象か? 暗い印象か? など)
そういう演出は、とても大切だそうです。

髪はきれいか?
服は明るい色か?
言葉は、人の悪口を言わず、明るいことを話しているか?
笑顔か?

洋服や、発する言葉には、日ごろから気をつける。
(天国言葉の記事はこちら。『人間関係。 幸せになるのに大切なことは、この4つ。』)

そうすることで、
「あの人が、そんなこと言うわけないよ」とか、
「本当に、あの人がそんなことしたの??」と周りの人に言って頂ける。
人が悪口を言っても、そんなはずない、と思っていただける、
悪口に負けない人になる、というお話でした。

また、そういう悪口を言われた時、
悪口を言った人を、あなたが信頼していた人だった場合、
「信頼していた人なのに」とか、
「あの人が、あんなことを言うなんて信じられない」と、相手のせいにすると、
(一度の失敗から学ばずに終わり)
次にも同じことが起こるので、

もう二度と同じことが起きないためには、

「私が、人を見る目がなかった」と反省すること。

人のせいにしないで、100%自分のために起きた自分の問題としてとらえ、
(人のせいにするとどんどん悪くなるので)
100%自分の責任なんだと思うことで、自分を変え、
(自分自身に、人を見る目がなかったと反省することで)
また同じ目に合うことのない自分になれるとのことでした。
(人は向上する動物、だそうです。)

 さて、そういえば私も、何かの行き違いから、ちょっとこういう疑いをかけられたとき、たまたま、白い明るい服に、黄色いキレイな花柄のストールをして、
明るい色のオシャレをしていたら、

相手からすぐ、この人はやっていないな認定をされ、
心から信じてくれてたと感じたこと。

その時のことを、ふと思い出したのですが、
確かに、自分を信じてもらえたのは、明るい色の服を着ていたときで、
裏表のない、陰のない印象を与えていたのだと思います。

 例えば同じ2,000円の服を買うのなら、
なるべく高そうに見える服を買うことが大切だそうです。

 服装に気をつかいオシャレをすること、
明るい色を着ること、アクセサリーをつけることはとても大切、
人の悪口にハマらず、幸せに生きるコツかもしれないと思いました。

  

☆ 関連記事