『認知症の脳も よみがえる 脳の体操』川島隆太 著。 認知症を予防、「改善できる」本。 認知症は「治らない」は、過去形。


 東北大学加齢医学研究所所長で、脳科学者、川島隆太先生の書いた、
「認知症の脳が改善できる」頭の体操の本。

 従来、「認知症は治らない」といわれていましたが、今それは過去形で、

最新脳科学で分かった真実は、「認知症は改善します」とのこと。

さらに、「計算」や「記憶力」だけでなく、
「感情抑制力」や「想像力」まで高まることが証明されているそうです。

さまざまな能力が伸びる「頭の体操」は、

年齢問わず、いくつからはじめても遅すぎることはない、という本でした。

そのノウハウを書いている、『認知症の脳も よみがえる 脳の体操』川島隆太 著。


 アマゾンの本紹介には、

『もしも、認知症の症状を劇的に改善させる方法があるとしたら?

そんな夢のような方法があるはずがないと思うでしょうか。
もしくはどんな最先端の科学的療法なのかと考えるでしょうか。

実は、あります。

それは、自分で、自宅で、本書とえんぴつさえあればできます。
しかも、1日10分だけでいいんです。
それが本書でご紹介する、脳がよみがえる「学習療法」です。』

 と、載っていました。

『川島隆太教授が開発し、その効果は薬にも勝ることが 科学的に証明されている、認知症の非薬物療法』

  だそうです。


 これがなんと、紀伊国屋書店で、平積みになっていた、最後の一冊。
(平積みになっている本、というだけで目立つのに、
それが売れて「最後の一冊」になっていて、その売れてる感、これを買わないともうなくなる感が、購買意欲をそそる。(笑))

こんな有意義な本を、逃してはなるまい、という気持ちで思わず買ってしまう人間心理、
(私です。(笑))
買いました。(笑)


 買った後も、しっかり読んで実践してます。

とても実践的に、認知症予防ができそうで、
しかも国立大学の加齢医学研究所 所長 脳科学者 川島隆太先生の著著。

最新脳科学研究から書かれた、信頼性が、
実践させる、という感じですが、

実際にすることも簡単でゲーム感覚でできる楽しい感じ。

これで頭もスッキリ、
認知症の改善の体操でもありますが、
認知症予防もできるそうです。

1日10分で脳が若返る!
物忘れ、イライラ、やる気が出ない、ボーっとする、などの症状にも効果があり、

老後も安泰?

科学的効果が証明された国内唯一の「認知症対策ドリル」。

このごろ年齢なのか、物忘れが気になるという方も、
将来、認知症が不安というかたも、
また今認知症の方にも、
漠然と不安を抱えているより、
一日10分で、自分の能力をより鍛えるレッスンができる本。

とても良かったと思います。

 

認知症の脳もよみがえる 頭の体操

認知症の脳もよみがえる 頭の体操

 
認知症の脳もよみがえる 頭の体操ドリル

認知症の脳もよみがえる 頭の体操ドリル