はは主婦日和

最小限の力で、素敵な生活ふう

ここに入るモノ、以外は、捨てる。という考え。

f:id:hahasyufu:20220202025135j:plain

 

 先日、『キレイで清潔な、超ラク家事。 脱衣所に、「タンス」(引き出し)を置く、という発想。』と、いう記事を書きました。

例えば、一番上の、部屋の写真。 ↑

こんな、片付いた部屋に、住んでみたいと思いませんか?

これには、この「タンス」を置く、
と、同時に、
このタンスの中に入りきらないものは、捨てる。
という、発想が必要です。

 つまり、片付いた部屋に必要なことの一つは、

モノを置く「枠」と、

「ここ(枠)に入るモノ、以外は、捨てる。」という考え方。

きちんと片付けて、美しく暮らすなら、
持てるモノの数は、限られます。

 まず、モノを入れる「枠を作る」。
(タンスでも、本棚でも、机でもいいので)
そして、そこから、はみ出さない。

その枠から、はみ出すモノを捨てる、という発想。

 モノって意外と、精神的なしがらみ、みたいなもので手放せないだけで、
(「思い出がある」とか、「これから使うかも」てきな、『思い』で捨てられない)

実際に必要か? とか、今要るのか?
と、考えると、
実際に、使うモノって、少ないです。

 枠からハミ出すぐらい、多くのモノを持って、
すっきりキレイな部屋に住む権利を手放すぐらいなら、
要らないものを捨てて、本当に、必要なモノを活かすほうが、頭も、運命もスッキリ。
幸せになれるそうです。

部屋の中はスッキリ。
この枠からはみ出さないように、
「ここに入るモノ、以外は、捨てる」という考えをもっていると、
部屋もスッキリ、キレイに使えます。

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』