過酷すぎる! 成功するユーチューバーの仕事量。 『コムドット』の舞台裏。  頭だけではない、ユーチューブで稼ぐ方法。

  先日、「ユーチューブで儲ける方法」という記事を書きました。
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

 お笑い芸人オリエンタルラジオ、今は人気ユーチューバーでもある「中田敦彦さん」の解説は本当に素晴らしくて、
(中田敦彦さんが解説し、それを宮迫博之さんと山本圭一さんのお笑い芸が、笑いを交えて面白く伝えてくれるユーチューブ動画「ウインウインウイ(WinWinWiiin)」
 ↓ )

【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】

そこで解説してくれた、ユーチューブで稼ぐ方法、というか、
稼いでいる新世代ユーチューバー王 コムドットさんの戦略。

これがとても分かりやすく解説されていて、そのことを以前、記事でご紹介したのですが、
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

実際コムドットさんのユーチューブ動画を見ると、
さらに現実的に、成功の舞台裏を見せてくれていました。

で、前回記事でご紹介したのは、成功するための「戦略」の部分だったのですが、
実際に動画を見てみると、

見えたのは、「戦略」だけではなく、実際の「仕事量」のハードさ。

これが、本当に過酷すぎた。

コチラの動画。


【地獄】トータル12時間かかるコムドットの編集の全てをお見せします

 まず、毎日投稿。
それも、クオリティを下げない毎日投稿で、
撮影、だけでなく、編集も自分たち(メンバー5名)でするので、
その編集だけで12時間かかるそうで、

その様子が分かる動画 ↑ だったのですが、見ると、
動画のタイトル
『【地獄】トータル12時間かかるコムドットの編集の全てをお見せします』
の、【地獄】の意味が、よく分かる。

深夜の1時半まで撮影の仕事をして、その続きで、寝ずにすぐ動画の編集をリレーし始め、
早朝3時半から、20分とか40分ごとに、寝て、叩き?起こし合うを、繰り返す二人組。

睡眠時間20分とかで起こされるって、

一番辛くないか?

これを、毎日。 年間通して、寝れないとか、

もし、自分の意思でしているのでなければ、

拷問レベル。(笑)

みているコチラ側(視聴者)に、毎日寝れるって、それだけで幸せだと思わせる。
(まさに天国。)

 いや、ほんと、厳しいのは分かっていましたが、
よく、ユーチューブで稼ぐのは難しいとか、聞きますが、
実際、日本を獲ろうとするぐらいの勢いで稼ごうとすると、
ここまでか? と思うぐらい、ハードなスケジュールの中を駆け抜けている最中でした。
(現在進行形)

先日の記事でも紹介した、コムドットのリーダーやまとさんのお話は、ちょっと天才系。
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

頭いいな~と感じる戦略で、ユーチューブの登録者数を増やして来た印象でしたが、
実際に見てみると、
そうだよね~、と納得。
これが現実だと感じる、頭で考えただけでない、「努力量」みたいな部分で、凄くハードな仕事量をこなしていました。

実際に、仕事を「する」ことが大切で、
その仕事量が、結果にも反映する、
という現実が見える動画になっていました。

いわゆる「成功者」という方々が書く本や、格言?などで、よく見る、
実際に「する」人は少ない、
というような言葉。

コムドットさんの動画をみると、
たしかにこんなにする人(できる人)は少ないな、
と、納得の多忙な仕事量。
若い人たちの中での知名度が圧倒的なのもうなづける、
ここまでしないと成功しないのだと感じさせる内容になっています。

 


【地獄】トータル12時間かかるコムドットの編集の全てをお見せします

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』