『発酵調味料でつくる からだにいい発酵スープ』 清水紫織 著。 お味噌汁に飽きても大丈夫。おいしさ染みる、体にいいスープ。

 美味しい料理。 時短で、手軽に作れるレシピ…、でも、それだけでは、もう満足できなくなりました。

やはり健康になるような、体にいい食べ物を食べたい!
何を食べれば健康で過ごせるのか? 心も体も、ほっと温かくなれるのか? 知りたい。
そんなことを、考えるお年頃。
(というか、ちゃんと、若い頃から考えていたら、今頃、元気で健康はもちろん。つるつるモチモチ、キメの細かい美肌、永遠の?「若い感じ」で、アンチエイジングできていたかも。(笑))

でも実際、年齢を重ねると、料理、食べ物に求めることも変わって来ますよね。
(切実。(笑))

 そんなときに、本屋さんで見かけたこの本。
『発酵調味料でつくる からだにいい発酵スープ』神楽坂発酵美人堂 清水紫織 著。

どう見ても、体によさそうで、こっくり滋養のつきそうな、
美味しい、温かいスープの写真が、
優しく、私に微笑みかけていました。

「こんな料理が作りたい」。
ほぼ、直感。
自分のためというより、ずっと健康に過ごせる、家族の顔が思い浮かんで、
思わず購入。

本の表紙には、
「発酵調味料を使って、
まいにち、腸活、
ポカポカスープ生活」

と、書いています。

 実はこの本は、好評だったために出版された第2弾の本で、
同じ著者、神楽坂発酵美人堂の清水紫織さんが書いた第一弾の本は、コチラ。

『発酵料理のきほん』

 そう知れば、確かに、第一弾のこの本も欲しいけど、
写真の力は偉大だ。(笑)
第2弾の本のスープの写真に、一気に惹きつけられて、買いました。

 我が家の場合。
例えば、朝ごはんは、ごはんと味噌汁、魚に納豆。
そんな和食が体に良いイメージで、張り切って作ろうと思っても、

そもそも家族が、毎日は、味噌汁を飲みにくい。
家族、と書きましたが、実は私もなのですが、
お味噌汁を毎日って、意外に、飽きませんか?
(ウチだけ?)

味噌汁は、日本のソウルフードで、
日本では毎日飲むものなのだ、と、チャレンジしても、
私も飽きるし、家族も飽きる。

でも、何日かに一回作ると、みんな飲む。
みたいな。
(もしかしたら、本当に、ウチだけ? (笑))

 でも、この本で、
「味噌」だけではなかった!
体に良い、発酵調味料。

というのが分かって、お悩み解決。

 本に載っていたわけではないのですが、
ネットを見ていたら、発酵調味料が「うま味」のカタマリだと分かって、
豚汁を作った時に、お味噌の他に、塩こうじも少し入れたら、
とても優しく、うま味のある味になり、
やっぱりスゴいな、発酵調味料。
と、思っていましたが、

この本、『発酵調味料でつくる からだにいい発酵スープ』神楽坂発酵美人堂 清水紫織 著。には、

味噌だけでなく、スープを作れる、美味しそうな発酵調味料が、いろいろ載っていて、
(しかも、お味噌汁のように?、もしかしたらもっと?簡単に作れるので、毎日のように美味しくて体に良いスープを食べられる、実行可能なのが嬉しい。)

これなら、飽きることなく、
毎日、腸活。

私もさっそく、発酵調味料つくるスープを飲んで腸活を始めたのですが、

本当に、排泄がよくなり、肌がキレイになり、ポカポカしていることを実感してます。そして、活力が出るというか、元気がわいてくる感じ。

元気の出ない時とか、いや、たとえ元気でも、
友人にも、家族にも食べさせたいスープが増えました。

 


『発酵調味料でつくる からだにいい発酵スープ』  清水紫織
https://amzn.to/3U8yxME

『発酵料理のきほん』 清水紫織
https://amzn.to/3fsJnOn

『まろやか ひしおの素』神楽坂発酵美人堂
https://amzn.to/3WsEgOz

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』