『記事』 『幸せ』
当ブログ記事には、プロモーションも含まれています。アフェリエイト広告等も利用しています。


アマゾン(Amazon)でみる 

楽天市場

『はたらく細胞』清水茜 著。2巻 ぞくぞく登場する新キャラ、細胞それぞれの役割。 より分かりやすくなってきた感じがします。

 

「はたらく細胞」清水茜 著の第2巻。

 1巻の感想を前回記事に続いて、
(コチラの記事。『『はたらく細胞』清水茜 著。マンガ本で「生物」の勉強? 930万部突破の、大ベストセラー。 感想。 』)

今回の2巻。

ぞくぞく登場する新キャラ、それぞれの役割。

寄生虫や熱中症など、いろいろな症状で、体に異変があるとき、
体内ではどのように細胞が動いているか? 教えてくれる。 

つまり、よりマクロな世界というか、詳しく解説し始めている感じで、

例えば白血球を形態的に分類すると「好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球」の5種類があるそうですが、
教科書で、それぞれの役割を読むだけでは、なかなかイメージしにくかったりする。
(テスト前、読み返して覚える感じ。(笑))

それを、このマンガを読むと、
それぞれのキャラクターを通して、その働きぶりについて分かりやすく、印象づき、

教科書で読んだら、テスト前に内容を一度復習したくなるところを、

マンガで読んだら、忘れない。
みたいな、
キャラクターの男女を変えて分けたり、ストーリーを作ることで、明確に思い出しやすくなっていると思います。

いや~、これ、本当になかなか分かりやすくて、
というか読みやすくて、
(生体内の話なので、グロいですが(笑))

私の個人的な、勝手な思い、希望ですが、
作者の清水茜先生に、
ぜひ、栄養学のことも描いていただきたい!

ビタミンやミネラル、タンパク質などの、栄養的を食べ物とからめて、
体の中で起こる変化、役割など、描いていただけたら、
非常の分かりやすいのではないか?!
と思ってしまいました。
(家族の食事をまかされているお母さんや主婦のかたには、そういう希望が多いと思います。)

さて、そんな私の個人的な気持ちは、おいておいて(笑)、

細胞の、それぞれの役割を書いてくださっている「はたらく細胞」。

マンガの内容が、1巻よりも2巻、より理解しやすくイメージが付きやすいように、
少しずつ洗練されている気がして、分かりやすかったです。

 

前回記事

☆ 『はたらく細胞』清水茜 著。マンガ本で「生物」の勉強? 930万部突破の、大ベストセラー。 感想。

 


『はたらく細胞 コミック 全6巻セット コミック』
https://amzn.to/3RPt2BS

『はたらく細胞(1) (シリウスKC) コミック』
https://amzn.to/3IcVx9v

『はたらく細胞(2) (シリウスKC) コミック』
https://amzn.to/3K45ebE

 

  PR 

『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』