『記事』 『斎藤一人さん』
本サイトは、PRを含みます、広告を利用しています。



アマゾン(Amazon)でみる 

炭酸力のバブ「至福の森めぐり浴」の、「清流の森の香り」。 感想

炭酸力のバブ「至福の森めぐり浴」には、4種類の入浴剤が入っていて、
(錠剤タイプの薬用入浴剤 12錠入(4種類 各3錠))
それが「湖畔の森、豊かな森、清流の森、高原の森」の4種類。

先日、「湖畔の森」の感想を書いたのですが、
(コチラの記事。『炭酸力のバブ「至福の森めぐり浴」湖畔の森の香り。 この森は…

今回は、みずみずしい「清流の森」の香り、に入ってみました。

「清流」も、前回の「湖畔の森」に負けない、爽やかな香り。
(「清流の森」といわれると、影響されやすいのか、心なしか香りも「清流」っぽい気がする。(笑))
短時間で入浴しても、しっかり温まり、清らかな気持ちになって、疲れがとれる。

箱に、『忙しい毎日の短めの入浴にも』『温浴効果で芯まで温めほぐす!』と書いてあり、
「だるい疲れ」、「肩が重い」、「腰がつらい」、「手先まで冷える」などに効果があるそうです。

 先日の、「湖畔の森」では、
入浴中に、目をつむって頭に浮かんだ光景が、大変美しく、おだやかな湖畔の森だったのですが、
よく考えると、そこは…、
伝説のホラー映画「13日の金曜日」のクリスタルレイクだった、というオチでした。(笑)

ということで、今回の「清流の森」。
目をつむって思い浮かべると、数年前に行った、キャンプ場で、
釣りのしている人のいる清流の川と木々、
という、一般的な光景。

その水がキレイで…、
釣っていたのはアユ?かどうかは分からないのですが、

アユって、キレイな水にしか住めないイメージ。

そんなことを考えていたら、
江戸中期に、ワイロもらい過ぎ系の、
汚い政治をした?ということで失脚した老中 田沼意次(たぬまおきつぐ)のあとに、

白河侯 松平定信が、キレイな政治をしたが、
逆に庶民が暮らしづらくなり、

たとえ腐敗政治ではあっても昔の方が豊かで華やいでいた「田沼政治」が恋しい、と歌われたのが、
「白河の清きに魚も棲みかねて もとの濁りの田沼恋しき」という狂歌だと習った社会の授業を思い出しました。
(多分、中学校?もう昔すぎて、合っているかどうかは不明ですが、そんなストーリーだったような気がする。(笑))

でも、ごめん。
空想がどんどん、入浴剤のお湯から、離れて、
もはや、どう戻せばよいか分からない。(笑)

 さて、そんな今回のお湯、
あまり長湯しない、私にピッタリ。
湯上り後も、手先がいつまでも温かく、快適に過ごせました。

香りも、「湖畔の森」とはまたちがった、清流っぽい香りですが、
どちらも爽やかで、このシリーズいいかも!
男性にも女性にも良いと思います。

冬も温まっていいですが、夏も爽やかな香りと色で、快適に入れそうです。

『炭酸力のバブ「至福の森めぐり浴」、みずみずしい「清流の森の香り」』は、
花王株式会社さんで販売されていました。


『花王 バブ 至福の森めぐり浴』
https://amzn.to/3IM0qH1

 

  PR 

『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』