『記事』 『幸せ』
当ブログ記事には、プロモーションも含まれています。アフェリエイト広告等も利用しています。


アマゾン(Amazon)でみる 

楽天市場

片付けられる人と、片付けられない人の、違い。 家事できる人と、できない人の違いは、コレ。 1分で分かる動画。


 片付けられる人と、片付けられない人、 
家事できる人と、できない人、の違いは、コレ。
片付けられるようになる方法、家事出来るようになる方法は、これだと思います。

 1分で分かる動画。
大きな画面で見ると分かりやすいので、ぜひ「YouTube」と書いているところをクリックして、直接みてください。

“何も考えない”という行為が教えてくれたこと - YouTube

www.youtube.com

 この動画、一言でいうと、「一日に頭を使う気力のゲージは有限」ということで、
脳が疲れない人は、朝起きてから、「何も考えないで」服を着て、片付けている、

でも、疲れる人は、「ああ、起きたくないな…」というところから始まって、
何を着よう? 食べたら茶碗洗いしなきゃだけど、時間ないな…、などと、いちいち「考えている」(その分「気力」を使ってしまい、一日に使える気力ゲージがどんどん減っていっている)という内容で、

もし、今、家事ができないとか、片付けられないとか、もっともっと他のこともしたいのに!と思っているなら、
一度でいいので、朝起きてから何も考えずに、体が動くままに行動して見るとよい、ということなのですが、
(余計なことに気力ゲージを使わずに、無意識でどんどんこなせることができ、本当に使いたいことに気力を使える)

これ、本当にそうだな、と思って。

なんでもこなせる人って、ほぼ考えないで、してしまっている割合高いよな、という感じでした。

 これは何にでも共通していて、家事だけに限ったことではないと思うのですが、

例えば家事でも、今は多くのお片づけ本があり、考え方やノウハウを教えてくれていたりしますが、
片付けられる人と、片付けられない人の違いって、そういうノウハウを知っているかどうか?とは、また違う話だったりします。
(ノウハウを知っていても、片付けられない人は多い。)
(ただ、片づけのプロの方に、片づけを依頼すると、「ほぼ無意識にそこに片付けられる」という、「無意識にできること」への動線をたくさん作っていただけるので、その後も片付けられる人が多いと思います。)

家事や片づけは、1回だけで終わる、という話ではなく、
毎日、つねに、それが出来ていることが大切。
つまり、それが日常の中で呼吸をするようにラクにこなされている。

家事のやり方を知っているかどうか?
ではなく、それをいつ、どのようにするか、
それが、考える間もなく、無意識にできるように身についているかどうか?

考えながら始める、時点で、ハードルがたかい。

なので、出来ない人が出来るようになる方法は、
最初に「これをしよう」と考えるのではなく、
何も考えずに行動することを心がけると、良い結果が生み出されるということのようでした。

たしかに、例えば7割を無意識にしてしまっていて、あと3割だけ考えてやるということになると、
家事でも、何でもすごく楽になって、できる率が上がるように思います。

 

  PR 

『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』