「洗濯する、干す、たたむ、しまう」場所を一か所にしたら、とてもスムーズになりました。

 以前、洗濯物を取り込んで山になった洗濯物が、
たたまれないまま、ちょっと放置され、
その山の中から、子供が、お気に入りの服を、取った時がありました。

多分、私は、きちんと工夫しなければ、
ぜんぜんマメじゃない主婦なのだと思います。

今、振り返ると、
洗濯物の山をたたむぐらい、数分でおわる作業、と思うのですが、
忙しさにかまけて、なかなか完璧に、スムーズに出来ない家事。
という感じでした。

でも、今は、ラクラク洗濯関係。
洗濯ものの山、自体が、できなくなりました。

「洗濯する、干す、たたむ、しまう」を一つの場所で出来るようにしたら、
これがとてもラクだったのですが、

 我が家の洗濯機が置いてある場所は、お風呂横の脱衣所。
実は、ここに、オール電化の給湯器があり、いつも暖かく、洗濯物が乾きやすくなっています。
天井(手を伸ばすと、ハンガーの掛けられる高さ)には、ポールが付いているので、
そこから、洗濯バサミのついたタイプの洗濯もの干しをぶら下げ、

それと別に、服などは、ハンガーを直接かけて干します。

つまり、洗濯を終えた「洗濯機から、出すと同時に、その場で干す」。
という感じです。

さらに、乾いた洗濯物は、
お風呂に入るときに使う、タオル、下着類、の置き場所を、その場(洗濯機の真向かい)に設置したため、
「乾いた洗濯物を取った、と、同時に、蓋をした洗濯機の上でたたみ」、
「そこから直接、引き出しにしまいます」。
この間、一歩も動かず、という感じです。

(タオル、下着類以外の)残った、Tシャツや、服などは、ハンガーのまま、
ものによっては、洗濯機の上で畳んだあと、
ハンガーのまま、子供部屋や自分たちのクローゼットに、直接戻す仕組み。

とてもラクです。

 さて、これを可能にするのが、

広~いスペース、ではなく、
小さな引き出し。(笑)

我が家では、下着を、こんな感じの引き出しに入れているのですが、

(はじめはカラーボックスの中に入れて使っていましたが、今は、そのまま何段か重ねて使っています。中が見えない白色のもの。)

 

これが、場所を取らず、少しのスペースで置ける上、
(脱衣所に置けました)
シャツとパンツと靴下などの、下着を取り出しやすくしっかりしまえて便利。
段を変えて、家族の人数分、それぞれに収納可能でした。

 考えてみると、風呂上りにすぐ身につけるものなので、ここに置いて、とても重宝しています。
(靴下は、朝、顔を洗ったり髪をセットした時に履いたり、持っていくので、ここで丁度良かったです)

狭くなるのが嫌なら、洗濯機の上にも、設置可能の大きさです。

 

場所を取らなくても、小さい引き出しは数々あるので、自分の好みに合ったものが設置できると思います。

 これで我が家の洗濯物関係は、とてもスムーズ。
洗濯の家事にストレスがありません。

もし、湿気が気になるなら、除湿器を置くといいと思います。

 

 

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』