はは主婦日和

よろずごと研究

「新潟 越後湯沢 椿の香り」(『いい湯旅立ち にごり炭酸湯 雪灯りの宿』) 白桃の香りの、お姉さん? 艶のある椿、姉の魅力。

 おつかれさまです。 さて、今日の入浴剤は、
「新潟 越後湯沢 椿の香り」(『いい湯旅立ち 雪灯りの宿 にごり炭酸湯』)。

昨日は、「山梨 石和 白桃の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』)

 

だったのですが、

昨日の「白桃の香り」に続き、


今日は、「椿の香り」。

どちらもお花のフローラル系で、ピンク色、甘い感じだったのですが、

 桃子も可愛い、でも、椿も女性的で、どちらもにも惹かれる。
みたいな、三角関係まで連想させちゃう、魅力にあふれた入浴剤でした。(笑)
(想像力、たくまし過ぎ。(笑))

炭酸湯なので、湯冷めしにくく、
お風呂上りに、この記事を書いています。

炭酸ガスの血行促進効果で体温の温かさが続き、
お風呂上りに、すぐ布団にもぐらなくても、一仕事できる感じ。
一日の時間が増える感じで、とても良いです。
(でも、健康のために、早く寝なければ。(笑))

さて、そんな今回の入浴剤、

「新潟 越後湯沢 椿の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』)は、

昨日の「白桃の香り」から、続けて、入浴してみて良かった。
てきな。(笑)

昨日の、「白桃の香り」の、可愛い女の子のような入浴剤。ピンクの乳桃湯。

これが、少女のようだとすると、
今日は、少しお姉さん。

白い淡いピンクの、白桃の香りに対して、
赤味と透明度が加わり、
また違う、お姉さんてきな魅力を押し出します。
ちょっとませて、色っぽいというか。

艶のある姉の魅力。

ふわふわしている少女の妹と、
しっかりしてそうな姉。
のイメージ。

香りも、お湯の色も、
なんかとても女性的で、素敵な気分で入浴できました。

キレイで上品な椿色。

かなり、気に入ったかも。

そんな姉妹のような入浴剤。

「新潟 越後湯沢 椿の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』)は、白元アース株式会社さんで、販売されています。

 

☆ 昨日の「白桃の香り」入浴剤の記事はコチラ。
「山梨 石和 白桃の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』) 女の子の入浴剤、てきな、ピンクの乳白湯

 


『いい湯旅立ち にごり炭酸湯 雪灯りの宿』
https://amzn.to/3Y6NiBn

土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」と、近藤麻理恵さんの「片づけを諦めた」の真意。 きょうのまかない 「マーボー豆腐」。

 今日のまかないは、マーボー豆腐でした。

2種類のキノコと、大量の長ネギを入れ、合いびき肉、豆腐、具だくさんにして作りました。

まかない、というと、誰かが作ってくれたみたいですが、
自分で作りました。

家族分、作りました。

正社員で働いてますが、作りました。(笑)

「俺は外で働いてくるから、家の事は君の仕事だ」と、当然のように?言えた、昭和のセリフ。

もはや、誰だよ。?
働く主婦が増え、
働いても、ご飯、作ってる人、いっぱいいますけど、の勢い。

本当に、家のことが、そこまでできないほど、なのか? という方も、けっこういらっしゃるように思います。

そんなときに、みた、
土井善晴さんの、「一汁一菜でよいという提案」で全国の主婦が号泣? の記事。

 

いや、別に、泣かなくてもいいと思うけど、

確かにな、とは、思います。

一汁二菜とか、三菜って、
誰がいつから決めたんだろう、

それを日本各地全国共通にしなくても、良いと思う。

要は、健康に良い、野菜やタンパク質など栄養をバランスよくとれる食事。

美味しく、楽しく食べられる食事。

その楽しく食べられる、には、作る主婦自身も入ってる食事。

普通?レベル以上を求めるなら、料亭に行ってください。

てきな、我が家のまかない。

実は、提案どおりの味噌汁じゃないけれど、
いろいろな食材を入れて具だくさんにして、ど~んと一品。
ということが多いです。

あとは、家にある付け合わせ、
カット野菜にドレッシングをかけただけのサラダとか、
買って来て切っただけの漬物、
みたいのものを付け合わせると、
豪華で立派な夕食風。(笑)

休日、気力体力時間のあるときは、ちょっと豪華になります。

土井善晴さんは、家庭料理の第一人者でいらっしゃった料理研究家の土井勝先生の息子さん。 
私の実家には、土井勝先生の書かれたお正月料理の本があり、
私が子供のころから、いまだにずっと、毎年お正月には、土井勝先生のレシピでおせち料理を作ります。

そんなサラブレッド系の、権威ある?料理研究家、
大学の講師を勤められたり、文化庁長官表彰もされているという、立派な料理研究家の先生が、

一汁三菜、ではなく、一汁一菜でよいという提案。
このユーチューブで土井善晴先生が運ばれている、一汁一菜が、
え?と思うほど、一汁一菜。
(ごはんと味噌汁、だけ。)
簡単に作れて、あっという間に、ゴハン支度完成で、
これで良いんだ、と言われると、
本当に、心やすらぐ。


 最近、お片づけのカリスマの、近藤麻理恵(コンマリ)さんが、

「片づけを諦めた」発言をした?と、話題になり、ヤフーニュースなどにも載っていましたが、


ご本人に直撃すると、
結婚されて、1歳と6歳と7歳の3人の子供がいらっしゃり、
その子育てに奮闘する中、片付けに気を回す時間が、取れなくなってしまったとのこと。

でも、その中には、こんまりさん流の考え方があって、
「 ただ、完璧に片付いているということ自体が目的・大切なのではなくて、家族と幸せに過ごすことが目的なので。散らかっていてイライラするよりは、ちょっと散らかっていても子供たちと今一緒に楽しく遊んでいたりして過ごす時間が、今の自分にとっては大切なんだなっていうふうに、なんか明るく前向きに捉え直した」
ということでした。

 確かに、自分一人の時は、片付けたら、片付けたまま、
片付けたモノが勝手に動き出すことはありませんが、
子供が一人いれば、その子が動かしたモノが、片付けた場所から動き出し、別のところへ。
二人いれば、二人分の動かしたものが、移動していき、
三人、自由気ままに動かしたものを、お母さん一人で、定位置に戻しつづけるなんて、

もはや、無理。

だからといって、子供に一切モノを動かさないように指示するなんて、
楽しくない。

ヤフーニュースは、
「 最後に、こんまりさんは自分と同じく子育てに奮闘している人たちに、こんなメッセージをくれました。
“こんまり”こと近藤麻理恵さん:  子育て中のお父さん、お母さん、本当に片付けができなくても、落ち込まずに一緒に頑張りましょう。」
と締めくくっていましたが、

それを堂々と言ってくれるコンマリさんは、本当の意味で、お片づけをマスターされている方。

つまり、片づけとは、何か?

ということだと思うのですが、
片づけは、「人が、幸せになるためにすること」。

「片づけ」のために生きているのではなく、
幸せに生きるために、片づける。

言わなければ、コンマリさんの家の中なんて、他人には分からないのに、
無理な理想を押し付けて、騙すようなことをせず、
ちゃんと人が救われるように、お片づけの意味を教えてくれる。

これが、片づけのカリスマ。

人生がときめく、片づけの魔法。

 フジテレビ系の朝の情報番組「めざまし8」で永島優美アナウンサーも、

『永島優美アナ、「片付けをあきらめた」と発言の“こんまり”近藤麻理恵さんを絶賛…「本当にすてき」』
と、発言されたそうですが、
(コチラのサイトに書かれていました。別サイトの記事移動します『『永島優美アナ、「片付けをあきらめた」と発言の“こんまり”近藤麻理恵さんを絶賛…「本当にすてき」』』)

article.auone.jp

 私も、本当に素敵だと思います。

正直、コンマリさんより、お片づけが上手な人はいるかもしれませんし、
全てにおいて、こんまりさんが上、ということではなくても、その中で、

TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた近藤麻理恵さん。

(コチラの記事。別サイトに記事に移動します『近藤麻理恵さんってどんな人 TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる | ハフポスト NEWS』)

www.huffingtonpost.jp

 自分の頭で考え、自分の考えや信念に沿って、言動していく。
それは、勇気のいることですし、
だからこそ、近藤麻理恵さんは、たくさんいるお片づけ上手さんの中で、抜きんで有名になられたのだと思いました。


『一汁一菜でよいという提案』
https://amzn.to/3l7SbvA

『一汁一菜でよいと至るまで』
https://amzn.to/3jyDW2m

『人生がときめく片づけの魔法』
https://amzn.to/3DGI07H

「山梨 石和 白桃の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』) 女の子の入浴剤、てきな、ピンクの乳白湯

 おつかれさまです、今日の入浴剤は、『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』の、「山梨 石和 白桃の香り」。

 

 山梨、だから、梨のイメージでいたら、
袋を開けた途端、香る、桃の香り。

 そして、濃いピンク色。

(直径5㎝)

実は、先日、同じボックスに入っている「栃木 鬼怒川 藤の香り」に入った時、


入浴剤の錠剤は、鮮やかなラベンダー色というか藤色なのに、
お湯に溶かすと、まさかのグレー。 

そして、遠目でみると藤色、という驚きの展開だったので、
(見た目通りでない、ミステリアスなところが、魅力?)
(こちらの記事『「栃木 鬼怒川 藤の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』) 落ち着いたジャパネスク 藤の入浴 』)

 

今回も、お湯に入れたら、違う色。かも、と思ったのですが、
今日の入浴剤、「山梨 石和 白桃の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』)は、
お湯に入れても、ピンク。
これが、薄いピンク色で、まさに「桃色」に、かすみがかかったような、乳桃色。

こういう女の子の魅力に、惹かれちゃうんだろうな、男子は。
てきな感じ。(笑)

香りも、桃って、本当に甘くて、いい香りで、

ルックスの可愛い女の子が、
さらに、可愛く見えるように、ちゃんと気をつかってます、
みたいな感じ。(笑)

湯上りにも、桃の香りが、そこはかとなく続いていました。

さて、今日の入浴剤も、とてもいい香りで癒されたのですが、
最近、続けて炭酸湯に入浴して、
湯冷めせずに温かさが続く効果や、
(効能に、冷え性あり)
手荒れの傷が、改善していく入浴剤の効果を感じていたので、
(こちらの記事。『「栃木 鬼怒川 藤の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』) 落ち着いたジャパネスク 藤の入浴 』。個人的な感想です)
(効能には、荒れ性、のほかに、疲労回復、肩のこり、あせも、しっしん、にきび、腰痛、神経痛、痔、リウマチ、しもやけ、ひび、あかぎれ)

なんか、しっかり浸かりたくて、
肩まで、お湯につかるようにしてみました。

 つかりながら、「かかと」が、浸からなかった結果、そこだけ効果が得られず、弱点になってしまったアキレスの神話、

『アキレウスが生まれると母テティスは、息子を不死の体にするために冥府を流れる川ステュクスの水に息子を浸した。そのとき、テティスの手はアキレウスのかかとを掴んでいたためにそこだけは水に浸からず、かかとのみは不死とならなかった』
(『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

というのを思い出し、

これ、子供を、お母さんが足首を持って、川の水につけるのでなく、
自分自身で浸かるなら、
かかとは、絶対つかるから大丈夫だよな。
と、
炭酸湯につかりながら、思ったのですが、
いや、逆に、今、足は浸かってるけど「頭がつかっていない!」ということに気づいて、

でも、にごっているお湯に、もぐる勇気もなく(笑)、
とりあえず、お風呂の中で、
顔だけ洗っておきました。(笑)

ということで、
そんな、男子がいちころ、な女子、をイメージさせる可愛いピンク色のお湯。

『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯

「山梨 石和 白桃の香り」』は、

白元アース株式会社さんから、販売されています。


『いい湯旅立ち にごり炭酸湯 やわらぎの宿』
https://amzn.to/3WTOS8u

 

 

入浴剤 関連記事

☆ 「栃木 鬼怒川 藤の香り」(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』) 落ち着いたジャパネスク 藤の入浴

☆ 『いい湯旅たち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』の「鹿児島 指宿 青竹の香り」入浴剤。 アロエ色の、にごり湯、なみなみ湯舟につかると、気分は、昼間のかぐや姫。

☆ 「鹿児島 指宿 青竹の香り」入浴剤。(『いい湯旅立ち やわらぎの宿 にごり炭酸湯』)今回は、かぐや姫でなく、西郷どんの空想で。

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』