はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

『40歳からは食べ方を変えなさい!』「体の糖化」に気をつければ、若くなる! 済陽高穂 著。 食べ方が分からなければ、この本から。 医師の教える、40歳からの食生活。 ベストセラー、鉄板本。

『40歳からは食べ方を変えなさい!』は、済陽高穂医師の教える、40歳からの食生活。 鉄板本。 非常に具体的で、分かりやすいです。 2013年の初版から重版して、 今は、図解本や、編集版まで出版されています。 (済陽高穂先生、読み方は、わたようたかほ先生…

『即席ビジンのつくり方』東村アキコ著。 「女性は、お金さえかければ、キレイになる」の具体的な方法が、分かる本。 どのお店でいくらかければ、どのようにキレイになるか、全て載ってました。

『即席ビジンのつくりかた』は、売れっ子マンガ家の東村アキコ先生が、美容雑誌「VOCE」に連載されたものを単行本にしています。 垢ぬけた、美しい、小顔、若さあふれる、肌ツヤ、キレイがよみがえり、少女のような髪(マジで)、消えたほうれい線、寝ている…

『かくかくしかじか』、『稲荷神社のキツネさん』 NHK「あさイチ」に出演していたマンガ家 東村アキコ先生が、おススメされていました。

『かくかくしかじか』は、「東京タラレバ娘」などのを書かれている漫画家 東村アキコ先生の実体験のマンガで、美大を受けるために通った絵画教室で師匠、日高健三先生と出会い、学び、成長していく様子が描かれています。 2020年6月、NHKの「あさイチ」に東…

『認知症の脳もよみがえる 頭の体操』東北大学加齢医学研究所長 脳科学者 川島隆太著。 認知症も劇的改善! 「簡単、10分、毎日」するだけ。 科学的効果が実証された医師の本。

東北大学の川島隆太教授。任天堂DS「脳を鍛える大人のDSトレーニング」のゲームでも有名で、テレビのCMに川島隆太教授の名前が出てくるので、説得力があり、私も思わず、買ってしまった思い出があります。 さて、ずいぶん前ですが、その川島隆太先生の本、『…

「玄米」と「胚芽米」は、血糖値の急上昇をおさえて、栄養分も取り入れる。 医師のおすすめ食材。

玄米、食べ始めました。 身体に良いらしい玄米。 どれぐらい良いらしいか? というと、 安保徹先生も、 新谷弘実先生も、 溝口徹先生も 武田英二先生も おすすめするぐらい。 本に、 白米より玄米を取る方が、より良いというような内容を書かれていました。 …

『見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル』池田義博 著 テレビで話題、10万部突破の平積み本。脳がスッキリした感じがします。

『見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル』池田義博 著 買いました。 クイズのように夢中にさせる面白さがあり、問題を解いた後に、脳のスッキリ感が感じられる。 途中、記憶の仕方の「解説」が入って、記憶力を上げるためのノウハウが分かります。 実践と…

『あなたの収入が必ず増える‼即断即決「脳」のつくり方』 苫米地英人著。 即断即決ができる「ノウハウ」。

決められない。 優柔不断。そして、決められるようになりたい人に、 即断即決する方法を教えてくれる本。 即断即決をすると大きなメリットがあり、 それができないと、どんなデメリットがあるか、ということも書いてあるのですが、 『自分はやりたくないのに…

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』坪田信貴 著。 成績を上げるには、子供に責任を押し付けない、ところから。

毎月何万円ものお金を、塾の授業料を払ったり、高額が動く教育費。少子化の中にあっても、子供の学習塾や教室は多く、乱立している印象があります。 ただ、そのようにお金をかけても、子供が成績優秀とは限らず、 「成績向上」をうたって勧誘する塾も、成績…

『「学力」の経済学』中室牧子著。 日本国民全員が、持つべき一冊。

『「学力」の経済学』は、教育の大ベストセラー本。 初版から何年も経った今でも、本屋さんの目立つところに置かれて、売れ続ける一冊で、TBSテレビ番組「林先生が驚く 初耳学」で、「国民が全員が持つべき」と評価されています。 さてそんな『「学力」の経…

富裕層に入るか?、貧困か? 子供の頃に決まる現実。 『下剋上受験』桜井信一著。

貧富の差、「格差社会」は問題、という風潮もありますが、安い賃金で労働する貧困層と、豊かでお金持ちの富裕層が、大きく二極化。 現実的に、この収入額の格差は、今後ますます、大きく広がっていき、 富裕層、か、貧困層。 二択でそのどちらか一方に入る時…