はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

『40歳からは食べ方を変えなさい!』「体の糖化」に気をつければ、若くなる! 済陽高穂 著。 食べ方が分からなければ、この本から。 医師の教える、40歳からの食生活。 ベストセラー、鉄板本。


 『40歳からは食べ方を変えなさい!』は、済陽高穂医師の教える、40歳からの食生活。 鉄板本。
非常に具体的で、分かりやすいです。



2013年の初版から重版して、
今は、図解本や、編集版まで出版されています。
(済陽高穂先生、読み方は、わたようたかほ先生だそうです。)

 

 この本の良いところは、まず、とにかく分かりやすい解説付きで、なぜそれを食べたほうがいいか?の理論理屈が分かる。
さらに、何の食材を食べたらいいか(リンゴなど)具体的な食べ物が分かって、
非常に分かりやすく、
納得ができ、
読むと誰でも、実践できるところ。

40歳からの食生活を変えなければいけない理由や、
どういう症状の何を防ぐために、こうするというような、具体的な体の仕組みと栄養などの、解説の文章が分かりやすく、
なぜ?食生活に気をつけなければいけないか? どういうところに気をつけるべきかが分かりますし、
何といっても、「これを食べなさい」という食品30品目が載っていて、
(例えば果物なら、りんご、レモン、ぶどう、など。)
特徴的な効用が分かるように、リンゴは「塩害を防ぐ」、「冷えをとる」、「腸の汚れを落とす」、「体内毒素を消す」に〇が書かれているというような30品目の、見やすい一覧表もあり、

さらに一品一品について、
どんな特徴のある食材か?
どんな栄養があるのか?
どんな効能があるのか?
最高の食べ合わせはコレ、
など、詳しく説明されていて、

正直、これ以上ないぐらい、具体的。(笑)

「済陽高穂先生の選んだ30品目の食材を、週に2,3回食べるだけ」、
という、本当にシンプルで実践しやすいこと、
また一つ一つ食品の説明や、身体と栄養の関係など、丁寧に詳しく分かりやすく書かれていることが、この本の人気の理由かもしれません。

また30品目の「食べ合わせ」で、さらに効能のある食べ方ができるように、その組み合わせも載っています。

 なぜ、そのようにしたほうがいいのか?という体の基本的な仕組みが解説されていて分かるので、
この本の通りでなくても、自分で考えて実践しやすいということもいいところです。

済陽先生が冒頭に書いていらっしゃいますが、
『人生とは、「1食1食の積み重ね」です。「何を、どのように食べたか」が、あなたの体をつくり、あなたの健康、そして人生を左右するのです。』とのこと。

老化時計は、食べ物で逆にも戻せるそうです。

もし、ずっと健康に過ごしたかったら、年齢を重ねれば重ねるほど、食生活が大切になってきますが、

40歳からの食生活の、基本的で具体的な食べ方について知りたいと思ったら、
まず、この本を読むと分かりやすく、食に関して、本当に有意義な知識のつく本だと思います。