はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

人間関係の達人が教える人間関係。 ここを気を付ければいい、と思った話。


『斎藤一人 「人間関係が改善する12のお話し」これで助かった人が たくさんいる !!』


「人間関係が改善する12のお話」斎藤一人さんのお話のユーチューブで、
全12話収録されているのですが、
この前半1~6話までのお話の概要を先日記事に書きました。 

 で、今日はその続きにもなる7番目のお話なのですが、

これが、もしかしたら私もこういうこと、あったかも!? と反省。

私はイライラもしないし、攻撃的でもなく、
優しいタイプ。(自分で言っちゃう。(笑))

でも、気持ちが弱いときには、人のエネルギーを奪っていたこともあるのかもしれない、とこの話を聞いて反省。

素直に幸せだといえない雰囲気
(言うと自慢しているように聞こえるような雰囲気)を感じて、それに合わせて、不幸自慢?したり、しちゃっていたかも。(笑)
(しかもたいした不幸じゃない(笑))

「ついてる」と思うこと。一日に何回も「ついてる」と言ったり、
人に「そうだよね、分かるよ」と言ってあげること、言葉はとても大切。

ユーチューブでお話を聞いて本当に良かった、と思いました。

どんどん人間関係の達人になるように、
素敵な魅力のある人になっていけるように、
お話を聞いて勉強し、向上をしていきたいと思います。


ということで、個人的にですが、とても参考になったので、
私なりにまとめた、ユーチューブに入っている7番目のお話の概要を書いてみます。

 

7.トラブルメーカー

『イライラしている人に、イライラはやってくる。
そういう人は、喫茶店に入ってもオーダーを忘れられたり、水忘れられたり、
怒鳴る人というのは、怒鳴る機会が多い。自分で呼び寄せている。

それと、扇子の裏表のようなもので、

イライラを哀れみで表す人がいる。

壊れちゃって、とか、
一所懸命やっているんだけど上手くいかない、というような、
その人が来たら暗くなる。
エネルギーとられちゃうような人。

「一所懸命しているんだけど、うまくいかなくて」っていうけど、
一所懸命するのではなくじゃなく、「楽しく」する。

大人しそうにしていて、
哀れみ、暗さ、卑下して、私はあなたの味方なのよ、という感じで来るのだけれども、
その人が来ると、疲れちゃう。

この人たちって、実はトラブルが絶えない。

ついていると思っていない。
「ついている」と「そうだよね、分かるよ」、この二つの言葉を言っているとそんなことないんです。

イライラしている人間と、同じ類の人間なんだ、ということに気づいてもらいたい。

人からエネルギーを奪う、暗くなる。

そういう人にエネルギーを取られないように、同じ類の人間なんだと気づいてもらえればいいです。』