はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

新型コロナで、見直す生命保険。 「不況」と「もしも」のバランス。


 数日前、保険契約している第一生命保険から電話があり、
「第一生命保険の新型コロナウイルス相談 電話番号」と、「新型コロナの入院は、病院でなくて準ずるところに入った場合」も証明があれば保険がおりる、というような内容を教えてくれました。

実際、どのぐらいが準ずるところなのかまでは分かりませんが、少しホッとした気持ちになります。

新型コロナウイルスの影響で、これだけ消費がなくなれば、多くの会社が倒産し、失業者があふれ、不況になるのは明らか。

家計を見直し、ここは無駄を省いて乗り切りたいところですが、
保険を切ったばかりのところに、新型コロナで何かあったら? と思うと、
家計の見直しで、最初に着手するべき保険料の、保険が安易に切れない。

とりあえず、この状況が落ち着いたら、保険を見直そうか?と思いますが、
長期戦になるのは目に見えていますし、ウイルス第2波、第3波は、来ると言われているので、
それを待ち続けていたら、いつまで経っても、見直せない予感です。

家計の中で保険の占める割合は、給料の10パーセントぐらいがいい、と聞いたことがありますが、
正直、完全オーバー。(笑)

待ちきれないので、見直すことにしました。

私のなかで、必要だと思っているのは、がん保険。
癌はお金がかかると聞いたことがあり、やはり保険は安心。

櫻井翔さんも必要だと言っているし(笑)、やはり要るのかなと思います。

それから、一家の大黒柱に何かあった時の保険。
昔、ご主人の闘病生活を乗り越えられた方が、その体験談をみんなの前で話されていたときに、
「病院で主人が病気だと言われまして……、
帰って、まず、生命保険を確認しました(笑)」
と、講演の最初のほうで笑いを取り、話のつかみにして上手にお話をされていた方を思い出しましたが、
子供がいればとくに、いなくても、備えは必要かと思います。

さらに、むか~し掛けた、料率のいい頃の保険、これも外せないし……、としていくと、だんだん給料の10%上限の金額をオーバーしていく予感満載ですが、
保険を外せないものと、外せるものを、見極めて、その他を切っていく選択も必要。

同じような補償内容でも、保険会社でそれぞれ保険料は違うので、
比較サイトなどで、調べるといいと思います。
(自動車保険と、火災保険はwebサイト上で比較できます。
自動車保険 『無料の自動車保険一括見積もりサービス

火災保険 『【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 』)

どこか一つの保険会社さんだけだと、他社との保険料の比較ができませんが、
それをしFP(ファイナンシャルプランナー)さんもいるので、
そろそろ、見直し必須。
家時間が長い今のうちに、しておくのもいいかと思います。