家族全員にとって、便利だった、日用品。 『トイレットペーパー2倍巻き』。


 「トイレットペーパーの2倍巻き」、購入してみたら、とても便利でした。

 

 唐突に、なぜ? トイレットペーパー?
というところですが、毎日使うものって、スゴいな、と言うか、
毎日使うものだからこそ、ちょっと便利になると、
家族全員助かって、
本当に便利を実感した、というか。
そんな感じです。 

 長さが今までの2倍、ということは、それだけ、なくならない。
そして、家にストックされているトイレットペーパーが、今までの2倍の量。

書くと、これだけ? という感じですが、これがとても大きな差。
便利でした。

2倍になっても、トイレットペーパー自体の大きさは、普通のものと変わらず。

芯の太さも同じです。

 昔、大きめだったテッシュボックスが、ある時期からスリムになりましたが、
多分それを同じ原理で、
紙の空気を抜くように圧縮すると体積がかなり小さくできるので、倍の量にしても、今までと変わらないようなサイズにできるということだと思います。

使っていて、今までのものより使いづらいなどは、一切ありませんでした。

と、いうよりむしろ、

すご~く、手間が省ける!

お買い物の回数も、トイレットペーパーがなくなったと思う回数も、
袋から出して使いやすいように置いておくような在庫出しも、

全ての手間が、半減。

 我が家では、トイレの横の棚に、袋から出したトイレットペーパーを並べるように置いておき、
「なくなったら、そこから取ってね」というふうにしているのですが、
この棚の上に並べているトイレットペーパーの個数が、なかなか減らない!

また出さなきゃ、みたいなストレスも半減でした。

 家族も、ロシアンルーレットみたいに回ってくる、トイレットペーパーの終了(トイレットペーパーの付け替えなど)、が減って、ストレス半減。(笑)

2倍巻きに変えたことは言っていなかったのですが、
「トイレットペーパーの減りが遅いことに気が付いていた?」と聞いたら、
ちゃんと分かっていました。(笑)

 「あと、残り何個ぐらいになったら買ってこよう」とか、在庫を出そう、とか
それぞれのお宅であると思うのですが、
なにせ2倍の期間もつので、今までより、気持ち的にも楽な気がします。

 今回、コロナでも、トイレットペーパーが品薄になる時期があったり、
私は記憶にありませんが(← 一応言っておきます(笑))、オイルショックの時に品薄になったりとか、
なぜかトイレットペーパーって、何かあると、なくなるイメージですが、
(私だけ?(笑))

同じ一つ分の場所を取っていても、実は2つ分あるのだ、と思うと、
買い溜めではないのですが、なんとなく、とても安心感があります。

 こんなに真っ先になくなるのは、どこかで、なくなったら困るな~と思っているモノだからなのかも。

というわけで、使ってみたら便利、「トイレットペーパーの2倍巻き」。

シングルだけでなく、ダブルでもあり、それぞれのメーカーで売っています。