はは主婦日和

最小限の力で、素敵な生活ふう

ラク家事、「床にモノを置かないルール」。 気が付けば、家事が一つ消えている。

f:id:hahasyufu:20220202025135j:plain

 今回の記事タイトル。『ラク家事、「床にモノを置かないルール」。気が付けば、家事が一つ消えている。』
なんとなく、マンガ「北斗の拳」の、
「おまえはもう死んでいる」を思い出すタイトルになってしまいましたが(笑)、
部屋の中で日当たりの良い場所に、布団を敷いて寝ると、
朝、カーテンを開けただけで、夕方には布団干しが完了。
毎日、ほぼ何もしていないのに「布団干し」ができる。
という、
なんちゃってのような、
ふざてるのか!、みたいな、
でも、ホントに出来とるやん! という、激ラク家事の話を書きました。(笑)
 さて、今回は第二弾。
『気が付けば、家事が一つ消えている。ラク家事、「床にモノを置かないルール」』。
これは、家事をする、という発想より、
そもそも、その家事を一つなくす、という考え。
(究極のズボラ? (笑))
そもそも「モノを置かなければ、片付けなくていい」という、
夢のような発想から生まれた、激ラク家事の記事を書いてみたいと思います。(笑)
 
正直、ここまでいくと、「マジですか?!」
(そこまで家事したくないんですか?!)と、いう感じですが、
まるで私が、本当にサボりたい主婦のようですが、
(そのとおり。(笑))
でも、「片付け」という家事を、一つ無くす、という発想は、
悪くないと思います。
 
 そもそも、「片付け」をしなくていい方法は、
散らかさない。
 
ここで明かされる、魔法の呪文。
「床にモノを置かない。」

もう、ほんと、文字どおりなのですが、
外から帰って来て、ついついバッグを床に置く。
まずは、これを止めます。

置かなければ、片付けなくてもいい。
最も、置きやすく、しかも、置いてしまったら片付けなくては、かたづかない場所。
そして、
片づけの第一キーポイントとなる場所、それが、「床」。
なので、
まずは、ここから攻めると非常に、大きな面積がクリアになり、お得です。

片付ける、を、考えるまえに、
「床に置かない」。

 帰って来ても、バッグを、床には置かず、テーブルの上に置く、
もしくは、起きやすい場所に、バッグを置く位置を決めておく。
これで、片づけは、とてもラクになるので、
実践すると、本当に良いと思います。

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』