はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

医師推奨「スーパースクワットと、かかと落とし」。 健康にバツグンの効果のあるシンプル体操。 ダイエットに、認知症に、糖尿病、脳卒中、高血圧、癌、尿モレ等、万能?


 2019.7.27放送の「サワコの朝」、お話を聞いたのは、

諏訪中央病院名誉院長、鎌田實医師。
健康づくりなどを推進されていて、よくテレビでも拝見します。

  

そこで健康法、「鎌田式スクワットと、かかと落とし」が紹介されていたのですが、

認知症、健康が心配な方にいいそうで、

私も何か体操がしたいと思っていたので、
これだ!と思い、さっそく録画しました。
(かかと落としの刺激でホルモンが分泌されるなど、シンプルで簡単ですが、医師しか考えつかないような深~い体操でした。(笑))

で、この「かかと落とし」はユーチューブがなかったのですが、

鎌田式スクワットが、ユーチューブにアップされていて、
さらに、尿モレにも効き、また、二つのこと(運動)を同時にすることで認知症予防にも効果的な、パワーアップされた方法になっていました。
このスクワットから始めてみるといいかもしれません。

 

鎌田式「スーパースクワット」のユーチューブ動画。

 

『40年以上健康づくり運動を推進してきた70歳の鎌田医師がたどり着いた 『最強の筋活』。
『鎌田式の「スクワット」と「かかと落とし」は、 とてもシンプルな方法で、80キロまで増えた体重を(身長は171センチ)、
3年たって、体重は9キロ減、ウエストは9センチ減。』

血糖値や血圧、コレステロール値などが正常になり、
以前よりも太りにくく、疲れにくい体になり、 体が軽くなられた、とのこと。


 また、「スクワット」によって太ももが鍛えられると、
『筋肉作動物質の「マイオカイン」が分泌され、認知症、脳卒中、がん、糖尿病、高血圧、脂肪肝、フレイルなどの予防に効果が期待でき、
「かかと落とし」でかかとに刺激を与えることで、オステオカルシンという骨ホルモンが分泌され、骨を強化。
さらに、膵臓に働きかけて血糖値を下げる働きもある』そうです。

 

 2019.5.24出版で、もう累計12万部。
『70歳、医師の僕がたどり着いた 鎌田式 「 スクワット 」 と 「 かかと落とし 」』


 こういう運動法探していたので、

心にサクっと刺さりました。(笑)

 年齢を重ねると、体は衰えていきますが、
老化は足から。
鍛えるのが下半身なので、効果的だと思います。

黒柳徹子さんも毎日スクワットを続けて健康を維持されているとお聞きしたことがありますが、

健康維持に運動することは大切かも。

良い方法のように思いました。