はは主婦日和

毎日をラクに、快適に、キレイに、楽しく。

そこを人からも利用される。 不幸の原因は劣等感。「自分が悪かった」と自分を責めている人は、まずそれは法に触れているのか考える。 罪悪感から救われる話。


f:id:hahasyufu:20191225201613j:plain

 多くの人は、心に、その人なりの傷を持って生きていたりしますが、
もし、「あの時、自分が…」こうすれば…とか、
「自分が悪い」と思っていることがあるなら、

そのことが、法に触れているか?

そのことで、あなたは一体、何年苦しんでいるのか?
いつまで苦しむつもりか?
と、考えたほうがいいと思います。

「時間が経っても消えるものではない」、これは私が犯したミス、と思っているなら、
犯してしまったことは、一生消えないのだ、などと考えているのだとしたら、
自分の中の、「悪徳」裁判官とお別れしてください。
(悪徳裁判官の話、斎藤一人さんユーチューブであります。)


 斎藤一人さんのお話の中に、「劣等感の克服」のお話があります。

人には、善悪の基準があり、それは親や、
小さなころからの躾などで、出来上がることが多いのですが、
それを植え付ける親や兄弟、周囲にいる人達も、また「人間」。
未熟なところがあります。

自分の都合に合わせて、誤らせてしまったり、
怒ってしまったことが一度もない親は、少ないかもしれません。

人は「劣等感」を持っているがゆえに、人と上手くいかなかったり、
トラブルの原因になったり、
人に対して、高飛車に出てしまったりする、というのですが、
その「劣等感」を植え付けたのは、親で、
必ずしも、正しくない。

また、今世に生まれて来たのは、
その「劣等感を克服するため」の修行ということです。

 「劣等感」と言えば、
「自分は、どこが劣っている」とか、「あの人と比べて、これが出来ない」と思うイメージがありますが、
実は、そればかりではないと思います。

 人と上手くいかなかった、という記憶。
それは自分のせいだと責める心。
何か、悪いことをしてしまったという記憶。
その罪(事実)は、ずっと消えないのだという思い。

そういう、自分を責め続けている心があるのだとしたら、
それは、そういう判決(自分を責め続ける)を下している「悪徳裁判官」が、自分の中にいる、ということに気づくことが必要だと思います。

人は誰でも間違いをおかす生き物で、
完全な人は、一人もいないそうですが、
その間違いをおかした時にも、
自分自身を、許すことが大切。

悪徳裁判官は、周りの人ではなく、
自分の中にいます。
なにか間違いがあった時、自分を責め続けて、
不幸の刑を科し続ける。
その刑期を終えて、出所しても、
また、同じ罪で刑務所に入れられ、
さらにまた、その刑期を終えて出所しても、
また、同じ罪で刑務所に入れられ、
それが、エンドレスに続く。

または、その罪は、永遠になくならない、と思っている。
それは、自分の中にいる、悪徳裁判官なのだそうです。

その悪徳裁判官と、お別れしてください。

 自分の中にいる悪徳裁判官に、
「あなたには罪がある」と言われ、
(自分自身で言い)
それを信じることで、不幸になり、
また、あなたが、そういう考え方をすると知っている他人に、
その感情を利用されて、
人も、あなたを責める(責めて利用したり、自分の罪をなすり付けたり、ストレスのはけ口にする)ことがある、ということだと思います。

まず、その思い込みから解放されること。

 具体的に、どうしていけばいいのか?
「自分が悪い」と責め続けていることがあるなら、
自分の中の悪徳裁判官とお別れする。

納税額日本一(人間関係と、お金を稼ぐ達人?)斎藤一人さんのお話の中に、
劣等感を克服するための、お話がありました。

斎藤一人さんのお話は、よく100回聞きが推奨されていたりするのですが、
何度も聞くことで、分かってくることもあると思います。

もし、今、幸せになりたいと感じているなら、
聞いてみるといいと思います。