ヒカルさん、ユーチューブのプレミア公開中に、突然、動画を削除。 『心配すんな。全部上手くいく。』

 2022年9月18日(日)。 ユーチューブのプレミア公開中に、突然、動画を削除したヒカルさん。

初の書籍、『心配すんな。全部上手くいく。』の、完成前数か月間の密着 動画という感じだったのですが、


いや、この動画、確かに良かった。
販売促進の効果、バツグン。

削除されて途中までしか動画が見られなかった私も、思わず予約しました。(笑)

今、買うことに価値のある本だと思えたし、純粋に読みたいと思えました。

本気で売りたいと思い、自分で心血を注いで、100%の力で紹介する本だったのに、
諸々の事情を考慮し、メインチャンネル(『ヒカル(Hikaru) - YouTube』)のユーチューブ動画ではなく、サブチャンネル(『Hikaru Games - YouTube』)のほうで動画を公開してしまい、

公開中、視聴している最中に、
これは、やっぱり「サブチャンネル」ではなく、「メインチャンネルで紹介して、全力で売るべき書籍だ」という思いが強くなり、

気が付いたら、削除していた。 とのこと。

 プレミア公開中だったので、視聴中に、突然、ユーチューブ動画が止まり、「再生できません」てきなテロップがでてきて、
あ、いつもの、「重くて止まっているんだな」、と思って、再読み込みしたら、
「アップロードした人が、動画を削除しました」てきな文言がでてきて、

えっ!?

何か大問題でも発生したのか? と、ヒカルさんのツイッター見たら、

 

と、書かれていて、さらにお詫びキャスが。

動画見ている途中だったので、その熱量冷めやらず、
つい、その、私にとっては人生初「ツイキャス」というものを聞きました。(笑)

(ツイキャスを知らない方のために書くと、ラジオの生配信、みたいな感じ。)

「攻め」ではなく、いつのまにか「守り」に入っていたと、気が付いた、ヒカルさんのまさに今、レアな、生の心情が聞けました。

ヒカルさん御本人も、
ユーチューブ動画のプレミア公開中、動画を削除したらどうなるか? 知らなかったそうで、
普通に削除できるんだなと思った、てきなことを、キャスで言っていたのですが、
たまたま見ていたので、動画公開中に、アップした人が動画を削除したらどうなるのか?
よく分かりました。(笑)
(私には、とくに必要のない情報かも。(笑))

 でも、多くの人が見ている動画の公開中に、瞬時に消すことを判断して、実行できてしまうような瞬発力、と行動力、
これがヒカルさんの強みで、トップ、リーダーだから出来ること。何かを成し遂げていくうえで、こういう事ができるのは、本当に強いな、という気がしました。

と、いうわけで?
私は今、ユーチューブ動画を見ることにハマっていて、
料理の仕方から、家事、ヘアアレンジの方法、癒しのペット動画、マンガなどなど、
今の若い人たちの動画に教えてもらうことが、本当に多々あるのですが、

一番良いのは、今という時代を、リアルタイムで感じられること。

昔だったら、学校に通っていない大人は、子供を通して伝え聞く程度で理解したり、
情報番組や雑誌で読み解くしかなかった、
最先端を生きるような若者文化に、ネットを通じて直接触れられる。

流行りの曲から、ダンス、スタイル、言葉遣い、考え方に至るまで、
時代は変わってきているのだ、という時系列の変化を、
今、直接知ることができる感じです。

例えば、最近しみじみ、「こういう時代になったんだ」と、感じたのは、
この動画の冒頭、キングコングのお二人のトーク。

おじさんばかりが出ている動画なので、
どこが「今」なのか?
と思われる予感も満載ですが(笑)、

冒頭、今、影響力を大きく持っている、日本のトップユーチューバー「ヒカルさん」に、
会った直後の、お笑いコンビ、キングコングの梶原雄太さんと西野亮廣さんの会話のユーチューブ動画。

実はこの時、ヒカルさんは30歳。
キングコングの梶原雄太さんと西野亮廣さんは共に42歳と、一回りも年上なのですが、
ヒカルさんのことを話す時の言葉遣いが、本人を目の前にしていなくても、全て敬語。
本当にお世話になり、感謝している心情が、伝わってきます。

これは普通のことのようで、今まであまり無かったこと。

先日、ユーチューバーのコムドットさんの記事でも同じようなことを書いたのですが、
(コチラの記事。『ユーチューブで儲ける方法、成功したいなら、絶対見るべき動画。『【Part①】新世代のカリスマ降臨!コムドットから時代を学べ!【WinWinWiiinコムドットやまと編】』 』)

例えば、もし、ヒカルさんが後輩のお笑い芸人だったら、と考えたら、
どんなに功績があっても、ここまで敬語で立てることは、今まででは考えられないな、と感じると思うのですが、

長い間、年功序列や、学歴などで、
若い人や、出来る人たちを、出る杭は打たれるてきに押さえつけて来た、
大人優位の文化から、確実に変わってきている時代を感じます。

いくら実力があっても、大人を立てなければ、機嫌を取れなければ、上にはのし上がれなかった、という時代は、
資本が無くても、大物に気に入られなくても、
実力があれば、大きなお金を稼ぐことが出来るようなネット社会をむかえて、移り変わってきたのだと思いました。

 さて、そんな目まぐるしく変わる、「今」という時代。
そこで成功する考え方を学ぶには、「今、活躍している人の考え方を、今、学ぶこと」が大切かも。

事業や商売で成功するためには、そういう時代の風を読んだり、
情報を得て、知っておくということが大事。
ヒカルさんの本も、ぜひ、今、読んでみたいと思いました。

 


『心配すんな。全部上手くいく。』ヒカル著
おなじ書籍ですが、アマゾン版限定の表紙は、コチラ。

『心配すんな。全部上手くいく。』ヒカル著

 

 



『プライバシーポリシー』 『メール』 『免責事項』